yuki's life

毎日ごきげん

愚痴は言わないように心がけてます。

言葉にする事が現実を作って行く。

という言葉がありますし、いろんな書籍も出ているくらいですね。

ポルシェを買うぞ!

 

 

買えた!

 

過去にはたくさん仕事の愚痴を言うときもありました。

ここ近年はこのように考えています。

仕事で愚痴を言いそうになったら、自分から改善することはないか?
反射的に、感情的に言葉に出すだけではないか?

と一旦考えて、「これは言葉に出すものではないな」と心にしまいます。

そして力になるように変換します。

 

心を入れ替えたら見えてきた

 

ケイマンを売却して、再びポルシェオーナーになるぞ!と稼ぐぞ、頑張るぞ!と意気込んでいましたが焦るばかりでなかなか上手くいかない日々が続きました。

平凡な自分ができる事は、

目の前のことをコツコツとやる。

ということを心がけて行きました。仕事の愚痴は言わない、文句は言わない、言いそうになったら自分ができる限りの改善点は無いか?と。

大きく変えようと思ったら駄目だった経験があったので、本当に小さな小さなところから手をつけていきました。

 

働いているところは組織なので、見えてくるモノがありました。

 

今までは愚痴を言っている人を見ればそういうものだと思っていましたし、言いたくなるものだよなって思っていました。

上記の心がけになってきたら、自分のことは棚に上げて相手の非しか見ていないのではないか?と思うようになりました。

ごく稀に言ってしまうのは構わないですよ。職場で毎日毎日言うのを見てると、思考がどうなっているのかと。

 

聞き流して自分のやるべきことに集中していますが。

 

部下や後輩などと行動する時は、自分からは仕事の愚痴は言わないようにしています。言ってしまったら、部下・後輩も愚痴を言っていいものだと思われてしまう。

悩みは聞きますが。

 

愚痴が多い人は仕事が出来ない…?

データがあるわけではありませんが、こういう傾向があるのかなと。

人のせいにしては自分が変わる事ないですし、自分が完璧と思っているのでしょうか。

でも、その立場なんでしょう?と言いたくなりますが、場の雰囲気が悪くなりますし、自分の仕事を止めたく無いので最低限は関わらないようにしています。

 

逆に、立場の上の人たちはどうにかしよう、どうしたら良くなる?という会話が多いと思います。責任をとるという気がひしひしと伝わってきます。

 

やはりこのような方の近くに居たいですし、こういう方々を近くに置きたいなと思うのですね。

 

人間関係では事実と感情を分ける

合う合わないあると思います。

この人合わないなと思ったら、事実として、自分の感情は抜いて「仕事の人」「お客さま」「その時の関係の人」として対応します。

合う人でしたら感情も交えてお話をします。

特に、仕事でイライラすることもあるかも知れません。しかし、

イライラしているのは自分の感情であって業務とは関係ありません。

本当にカチンとくることはあります。合わない人フォルダにポイです。反射的に対応しない。

 

まとめ

自分の世界は自分で作っています。

昔はよく分からないことでしたが、少しづつ自分の感覚に落とし込めるようにやっています。相手のことは変えられませんが、自分のことはいくらでも変える事が出来ますし、自由です。最初は分からない感覚かも知れませんが、ある日突然、閃きました。

 

 

ポルシェを購入して得たモノ②

気持ちの変化。

ポルシェ911カレラという世間では高級スポーツカーと言われるクルマを所有して変わった事。

上には上がいる事を実感

やりたい事を達成出来たので、自己肯定感はかなり上がりました。

しかし、周りに対してドヤってなる気持ちはサラサラありません。

このような車種を購入することは簡単ではないです。中にはサラっと購入してしまう方もいらっしゃると思います。

サラっと購入できる方は、稼ぐ能力が高いはずです。その沢山の苦労などを越えてきたからこその経済力だと思っています。

 

確かにこのような車種を乗っていると、周りの車が気を遣ってくれるのを実感します。とてもありがたいことです。

 

自分がすごいから気を遣ってくれているわけではない。これを忘れないように。

ポルシェというブランドがすごいのです。

 

だからこそこちらも周りの車に威圧感を与えないように。

譲ってもらえたらお礼をしっかりするように。

譲れるときは譲るように。

上には上がいるので、謙虚な気持ちを忘れないように。

 

案外知らない人もいる

クルマが好きな人からするとポルシェって有名なメーカーだと思います。

車の興味ない人からするとただの車。カワイイ車。よく分からないけど高そうな車。

オラオラした運転したとすると、車に興味ない人からしたらただの偉そうにしている人

というように映っているのかも知れないと思います。

 

自分にとって大事なモノがあるからこそ

モノの価値ってある程度知っていた方が、相手の価値観も分かるようになりますし立ち回りも応用が効くこともあります。

僕は時計や服、カバンなどのブランドは詳しくないです。

その人からすると大事なモノかも知れないです。

自分にとって大事なモノ、こと、人がいるからこそ相手の大事ものかも知れないことを丁寧にしようと気持ちがより強くなりました。

 

自分に自信がつきました。

これは、出来ない事はできない。

分からないことは分からない。

分からないから教えてほしい。

なんでも出来るということではなく、等身大のままでいいんだと思えるようになりました。

等身大を受け入れて、出来るようにやるだけやってみる。行動してみる。チャレンジしてみるという習慣が身に付いてきました。

 

他人に関しても寛大になりました。

これはまた別のときに記事にして書こうと思いますが、何でもかんでも寛容になったとかなんでも許すようのなったとはまた違った意味になります。

 

まとめ

得たことによってどうやって活用していくかがより生活が豊かになると思います。車に限らず、スマホでも所有しクレジットカードと連携出来るからこそ財布も持たなくなり便利な生活になりました。

SNSも使い方1つで知識を得る、友人が増える。

 

一方で誹謗中傷する人もいる。その人がその人の現実を作っているということがよく分かります。

 

人生一回きりなので、せっかくなら楽しい人生にしていきたいですよね。

 

 

中古車市場はあっという間に変わってしまいます。

思い立ったら、即行動。

世間でも人気がある車種ですと、いいなって思った時にどうしよう…って迷ってしまうと売約済みになってしまったりということがあります。

人気がある車種、オプション付きはすぐに売れてしまう

関係者ではないので詳しいことは分かりませんが、そんな感覚です。

いいなと思って問い合わせてみたら先客の方がいます。と返答でそのまま購入された。というやりとりは何回かした事があります。

もう少し安くなったらなど、株みたいに相場を追っていると全然値下がりしなくてむしろ値上がりしていく事もあります。

 

ポルシェは安くなるどころか変わらず、モデルによってはさらに高くなる事も時期によってはありました。

 

最低限の必須オプションを決めて市場に出てきたら即行動

これを心がけました。

僕の場合は、

 

認定中古・991前期・ベースグレード・LHD・スポーツクロノパッケージ・シートヒーター・スポーツステアリング

 

これらを必須条件として探しました。

991前期は最新でも8〜9年落ちになるので保証が厚い認定中古車は外せませんでした。

たまたま探し始めた時に条件にあう個体があったので即連絡して、数日後に現車確認して購入を決断しました。

 

住んでいるところは静岡ですが、ディーラーは大阪でした。

遠方でも気になる個体が出てきたら行動はした方が良いと思いました。

今現在では同じような価格で同じような個体がありませんのでその時に動いてよかったなと思っています。

 

現車確認せず購入することも

時には欲しい車両が限定車だったり、とても貴重な車両の場合は現車確認や試乗せずカタログも見ずに契約って話も聞きます。

僕自身は前車のアバルト695エッセエッセ黒LHDが100台限定だったので、話を貰ったところで買います。と動いた経験があります。

もちろん限定車なので試乗車はないですし、カタログもハッキリとしたものは無かったです。そのときの決め手は、

アクラポビッチのマフラーが付いていた。

ということです。

 

ですので、これだ!というものがあれば行動していくことが良いと思います。

 

行動出来るように日頃から稼ぎを増やすとか、ローン組みやすいようにコツコツ働くとか、コッソリ買う人は駐車場を探すとか確保するとか、チャンスは一瞬で変わるのでその時に動けるように準備しておく事も大切だと思いました。

 

チャンスは掴める人のところにやってくる

 

アバルトやポルシェを購入してみて、そんな感覚が体感できた経験だと思いました。

 

ポルシェを購入して得たモノ

失ったものは現金である。



たくさんのお金と引き換えに得たモノについて書いてみようと思います。

 

目に見えるモノ

車で言いますと、多額のお金やローンでお金を借りることと引き換えにクルマというモノを手に入れることが出来ます。これは目に見えて分かるものですし、一番分かりやすい変化だと思うのですね。

仕事でも同じことが言えますが、商品を購入することや資格を取得するという目に見えて分かりやすいです。その先の未来を伝えるって難しいなと思うこの頃です。

 

得たモノは目に見えないことの方が多い

前置はここまでにしまして、

ポルシェを購入して得たモノ。

 

①関わる人が変わった

 

ポルシェは世間では高級スポーツカーメーカーです。

自然と興味もそちらに向いて来ますし、ポルシェオーナーさんもこちらに興味を持ってくれるケースが出てきます。SNS上で交流することもあれば実際にお会いする事もあると思います。

ポルシェ同士でなくても他メーカーのオーナーさんや、オーナーさんのご好意によってはそれ以上の方ともお会い出来る可能性もあり得ます。

 

②尊敬する気持ちがすごく上がった

オーナーさんの中には自分よりも若くしてスポーツカーやスーパーカーを所有される方もいらっしゃいますし、同年代の方ですと家庭を持ちながら所有されてる方もいらっしゃって本当に凄いと思います。そのような方々は大変そうな素振りは見せなくて当たり前のように日々を過ごしている印象です。

 

③日々の過ごし方が変わった

②を体感したことによって、時間の使い方が変わりました。

やはり高額のクルマを所有されている方はきっと仕事も高い地位に属していると思われます。そんなに気にした事はないですけど、立ち振る舞いや話し方など見ているとすごく気を遣っていただけますし、見掛けもキレイな方が多い印象なのでバリバリ仕事されているのではと予想しています。

やはり、雰囲気で感じる部分があるので自分自身にも取り入れられる部分があれば、取り入れていこうと思っています。すると自分も仕事に対する姿勢が変わって仕事が上手く進んでいくことが増えてきたようにも思えます。

 

④世間の常識って本当に正しいのか?と思えるようになった。

スポーツカーは独身の時だけ、とか輸入車は見栄とか、周りのよく聞こえてくる声に合わせて自分を下げていないだろうか?人は人、自分は自分です。

 

オーナーさんには最大限の敬意を

実際に同じ車種やメーカー、はたまたスーパーカーのオーナーさんと会えるとなればとても嬉しいことです。忘れてはいけない事はオーナーさんへの敬意です。

オーナーさんは忙しい中、自分のために時間を作ってくれているのです。

またこの車種を持っているから会いたいです。

ではなく、

この人に会いたい。

という気持ちを優先しています。

もちろん、ポルシェというツール使ってどんな人なのかなっていう順番の時もあります。

 

時間の使い方、人との関わりの感覚が身についてきました。

見える世界が変わったというか世界の見え方が変わったというか。

再びポルシェを買えた嬉しさだけかと思いきや、こんなに新しい発見がありました。

また、気付いたことがあれば書き残していきたいとおもいます。

 

 

ポルシェを買うときに意識したこと

ポルシェ911(991.1)を購入するにあたって意識したことは、維持費がどれぐらいとか燃費がどれぐらいとかスポーツクロノパッケージ付きの個体を探していたのでPADMの故障がどうとか…。

 

 

 

 

 

 

 

 

ではなくてですね。

 

「買ってみなければ分からないから好みの個体が見つかったら行動しよう!」

 

でした。

 

 

行動しなければ何も始まらない

もちろんお金の準備とか駐車場の確保もありました。

お金に関してはいつかはポルシェを買おうとコツコツと貯めたり作っていた資金がありました。駐車場は契約してから探しました。

ただ、買おう!となったのでお金を使うことになりましたし、駐車場を探す行動になりました。だから買おうという行動がなければお金もただ貯まっていく一方だったと思います。

もちろんこれぐらいの予算だからこれぐらいは準備が必要だなというシミュレーションはしておきました。

 

 

維持費などはあまり考えてませんでした

月々の支払いがどれくらいということは考えましたが、ガソリン代や保険、故障がどうとかは走り方によって変わってきます。故障も個体差があるのでするときもあればしないときもありますし壊れたら直して貰えればよいですし(なので認定中古車を選びました)、これは所有しないと分からないので持つ前から考えてもあまり意味はないかなと考えてました。

 

ひとまず所有するにあたって、走行は一切考えずにただ置いておくだけでどれぐらいお金がかかるのかという本当の最低限だけ調べました。

とにかく購入したかったのです。今しかない、今逃したら買えない!(買うぞ!という気持ちが消えてしまう前に)

この盛り上がった気持ちが消えないうちに行動しました。

慎重になりすぎてもよくない

確かにお金の問題もありますし、生活もありますから全く考えないというのも問題ありですが、考えすぎてしまって行動出来なくなりませんか?

 

僕はポルシェを購入するときは怖かったです。

車に1000万をかけたことなんて無かったですから。

 

本当に生活できるのか?買って良いよとは言ってくれたものの妻を困らせたりしないだろうかなんて思いながら書類を書きました。

 

勇気を出して行動してみて

今のところ5ヶ月は維持出来ていますし、挙式も行うことができました。

大きな故障はしていません。

1日でも長く維持するために仕事を頑張ろう、妻の好きな事も一緒に楽しもう、など行動が積極的になりました。

 

仕事はただ頑張るだけじゃなく、少しでも苦痛な時間は過ごしたくないので自主的に能動的に仕事が出来るように意識や行動を変えたりしています。

 

やってみて上手くいかなかったとしても決めたのは自分ですから自分の行動に責任を持つといいうことは心掛けています。上手くいかなかったら、次はどうしよう…って考えて行動すればよいですから。

 

無駄でしかないものですけど…

 

 

自分の人生が豊かになりました。